2011年08月04日

MIRAPHONE 47WL4 11000 100 PREMIUM Tenorhorn in B

 
  tenorhorn_miraphone47W4L100.jpg

  使用マウスピース:JOSEF KLIER EXCLUSIVE 6E (Midium Shamk)

 MIRAPHONE 社の最高ランクモデル「プレミアム」に、メインテューニングスライドトリガーを装備した受注生産品。日本では勿論未販賣の上、本國ドイツでも大變な高額なのだが、色々手を使って購入。

  tenorhorn_miraphone47W4L100-2.jpg

 管體はゴールドブラス。テノールホルンらしい、溌剌とした響きに、ミラフォン獨自のロータリー設計による操作性の向上、ゴールドブラスによる豊かな響きが加はり、正にテノールホルンのトップモデルと言って良いのではないかと思ふ。

  MPTH01.JPG

 リンツ・ブルックナー管弦樂團の元トロンボーン奏者で、ブルックナー音樂院でも教鞭をとる、Friedrich Loimayr 氏が開發に携った(ちなみに氏は引退ホヤホヤで、氏に換はって同樂團のメンバーとなったのが、かの清水真弓女史)。

  Miraphone.jpg

 また最近では、チェコフィルのトロンボーン奏者であり、ドイツの多くのプロ吹奏樂團でソロテノールホルンを擔當してゐる、Robert Kozanek 氏も、このモデルを使用してゐる。
http://www.youtube.com/watch?v=zvYoSYt-kr0
 
【Tenorhorn in B (GER)の最新記事】
Copyright(C) 2011 Hidekazu Okayama (PROJECT EUPHONUM http://euphonium.biz/) All rights reserved. 文章・画像の無断転載厳禁 | Posted at Aug.04 05:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | Tenorhorn in B (GER) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

CONN 60I Wonderphone - Double Bell Euphonium

  02.jpg

 コーンのダブルベルユーフォニアム。5ヴァルヴ、サテンシルバー、インナーベルゴールド仕上。

  01.jpg  03.jpg

 第1〜第4ヴァルヴは通常のユーフォニアムと同じ。第5ヴァルヴで大小のベルを切り替へる。大きいベルでバリトンホーン(ユーフォニアム)の音を、小さいベルでトロンボーンのやうな音を出す仕組。それぞれテューニングが可能。

 なほ、両方のベルからいっぺんに音を出すことはできない。無理矢理、第5ヴァルヴをハーフヴァルヴにして吹いてみると、兩方のベルの音が混じり合ってしまひ、バリトンホーン(ユーフォニアム)の音にしか聞こえなかった。

  05.jpg

 ベルには Naked Lady と呼ばれる刻印がある。

  04.jpg
 
Copyright(C) 2010 Hidekazu Okayama (PROJECT EUPHONUM http://euphonium.biz/) All rights reserved. 文章・画像の無断転載厳禁 | Posted at Aug.09 01:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | American Baritone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

RAMPONE & CAZZANI - Flicorno Basso in B♭


  basso.jpg
  使用マウスピース:Denis Wick SM5, SM6

 サクソルンのやうなヴァルヴ式円錐管系金管樂器、フリコルノ。イタリアでは、ピストン式、ロータリー式の兩タイプが製造されてゐる。中低音域のB♭管には、管の太さに應じてなんと三種類もの樂器がある。

 その中で、このバッソは、最も太い樂器。

 O.レスピーギの交響詩「ローマの松」に登場するバンダ(ブッキーナ)の「Flicorno Bassi」に該當する樂器。Bassi は、Basso の複數形。イタリアでは、ピストン式、ロータリー式の兩タイプが製造されてゐる。

 この RAMPONE & CAZZANI のモデルは、マウスパイプのレシーバーシャンクが、トロンボーン用のスモールシャンク仕様になってゐる。ドイツやオーストリアのバリトンに近いが、極端に大きなベルと、大胆で細かい装飾が特徴。

  basso02.jpg

 音色は、ドイツ式のバリトンを少し田舎臭くさせたやうな感じで、所屬する吹奏樂團でイタリアの行進曲を演奏した際に用ゐたところ、樂團の年配の方から「味があっていいねぇ」と絶賛された。
 
Copyright(C) 2010 Hidekazu Okayama (PROJECT EUPHONUM http://euphonium.biz/) All rights reserved. 文章・画像の無断転載厳禁 | Posted at Mar.23 01:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | Flicorno Basso (ITA) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MARIO CORSO - Flicorno Tenore

  tenore.jpg
  使用マウスピース:B.TILZ - NEA T1, T2

 サクソルンのやうなヴァルヴ式円錐管系金管樂器、フリコルノ。イタリアでは、ピストン式、ロータリー式の兩タイプが製造されてゐる。中低音域のB♭管には、管の太さに應じてなんと三種類もの樂器がある。

 その中で、このフリコルノ・テノーレは最も細く、マウスパイプのレシーバーシャンクは、トランペットやアルトホルンと同じサイズで、トロンボーン用のスモールシャンクすら入らない。

 O.レスピーギの交響詩「ローマの松」に登場するバンダ(ブッキーナ)の「Flicorno Tenori」に該當する樂器。Tenori は、Tenore の複數形。円錐管とは言へ、かなり細いせゐか、音色は、サクソルンのバリトンよりも、ヴァルヴ・トロンボーンやキングのトロンボニアム(トロンボニウム Trombonium)に近い感じがする。
 
Copyright(C) 2010 Hidekazu Okayama (PROJECT EUPHONUM http://euphonium.biz/) All rights reserved. 文章・画像の無断転載厳禁 | Posted at Mar.23 01:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | Flicorno Tenore (ITA) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

WILLSON TA2525 Tenorhorn in B (Saxhorn Baritone)

  01.jpg
  使用マウスピース:DENIS WICK SM6B

 ウィルソンが開發したテノールホルン(サクソルンバリトン)。管の太さから言ったら、間違ひなくドイツ系のテノールホルンだが、ヴァルヴがピストン式で、形状はサクソルンバリトン(ユーフォニアム型)を踏襲してゐる。

 どう分類したらよいのか、よくわからないが、通常サクソルンのバリトンとされてゐる樂器よりも管が太く、おほらかな音で、やはりドイツ系のテノールホルンの音色を狙ったと思はれる。

 吹奏樂曲に Baritone のパートがある場合、サクソルンのバリトンでは音が細すぎて、他の樂器に埋もれてしまふか、無理に大きく吹いて荒々しい音になりがちだが、この樂器だと、サクソルンバリトンとユーフォニアムの間のやうな音がするので、アプローチがしやすいのではないかと思ふ。
 
Copyright(C) 2009 Hidekazu Okayama (PROJECT EUPHONUM http://euphonium.biz/) All rights reserved. 文章・画像の無断転載厳禁 | Posted at Jul.29 02:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Tenorhorn in B (GER) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。