2009年07月25日

YAMAHA YEH-901ST Alto Euphonium in E flat

  alto_horn_yamaha01.jpg
  使用マウスピース:BRUNO TILTZ AMBASADOR 4

 ヤマハアトリエの特注モデル。調性はE♭で、音域はアルトホルン(テナーホーン)と同じ。ユーフォニアム奏者が演奏できるやう、トロンボーン細管シャンクのマウスピースが使へるやうになってゐる。

 元になったモデルはアルトホルンにしては管が太く、ゆったりとしたレイアウトだったYAH-601ST(現在は生産終了のモデル)。單に、トロンボーンやユーフォニアムのマウスピースのシャンクをアルトホルン用にしたり、アルトホルンのレシーバーをトロンボーンの細管シャンクに合わせたりした場合、上のレ(實音F)が異様に低く感じられたりするのだが、このモデルはそのやうなことはない。恐らく、見えない部分の工夫があったのだと思ふ。

  alto_horn_yamaha02.jpg

 第1ヴァルヴにはトリガーも付いてゐて、うはずりやすい音の調整も可能。
 
Copyright(C) 2009 Hidekazu Okayama (PROJECT EUPHONUM http://euphonium.biz/) All rights reserved. 文章・画像の無断転載厳禁 | Posted at Jul.25 02:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alto Euphonium in E♭ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。