2013年07月04日

COUESNON & Cie. Monopole Conservatoire - Saxhorn Basse 6 Pistons en Ut


  01.jpg  02.jpg

 ケノンのサクソルンバス。C管で6本ピストン式の、所謂「フレンチテューバ」。ラヴェル編の「展覧會の繪」の「ビドロ」のソロは、當時のフランスで「テューバ」として一般的であったといふこの樂器が想定されてゐたと言はれてゐる。通常のサクソルンバスとの違ひは、調性とピストンの數(通常のサクソルンバスは3〜5ピストン)、ピストン操作時の音程くらゐのもので、音色に關しては殆ど變りない。

 サクソルンにはコントラバスがあるにも關らず、なぜこの樂器がフランスのオーケストラで使はれ續けて來たのか等、この楽器については謎が多い。

 このケノンのモデルは、一般のサクソルンバスのやうな形状ではなく、ユーフォニアムのやうな形状をしてゐる。C管6ピストンは、ケノンやコルトワの古いカタログには、このユーフォニアム型の方しか載っておらず、フランスのオーケストラの映像資料でも、ユーフォニアム型ばかりである。しかし、他の文献や残された樂器には、サクソルンバス型が圧倒的に多く登場する。面白いことに、ケノンのB♭管サクソルンバスは、カタログにもこの二つのタイプが載ってゐる。どのような意圖で、二つのタイプを用意してゐたのか、大変興味深い。

  01.jpg
  どちらも同じケノンのC管サクソルンバス(フレンチテューバ)。
 
【Saxhorn Basse (FRA)の最新記事】
Copyright(C) 2013 Hidekazu Okayama (PROJECT EUPHONUM http://euphonium.biz/) All rights reserved. 文章・画像の無断転載厳禁 | Posted at Jul.04 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Saxhorn Basse (FRA) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。