2013年07月03日

COUESNON & Cie. 1383 CGO Serie - Ophicleide


  c01.jpg

 B♭管に續いて、運良くC管のオフィクレイドも入手できた。1900年頃のケノン製。11鍵で、F#、G#のキイが付けられていたり、Hのキイが蝶番式になっていないなど、オフィクレイドとしてはかなり新しいタイプ。

 B♭管のオフィクレイドは主に軍樂隊で使用されたが、C管は主にオーケストラで使用された。今はユーフォニアムのレパートリーとなっている、G.クンマー(Kummer)の「Variations for Ophicleide」も、C管を想定してゐたのではないかといふ氣がする。

 平成25年冬には、このオフィクレイドでF.メンデルスゾーンの「夏の夜の夢序曲」をオーケストラにて、また平成26年春には、同じくメンデルスゾーンの「ハルモニームジークのための序曲」のバスホルンパートを吹奏樂で演奏豫定。

  01.jpg
  B♭管(左)とC管(右)
 
【Ophicleideの最新記事】
Copyright(C) 2013 Hidekazu Okayama (PROJECT EUPHONUM http://euphonium.biz/) All rights reserved. 文章・画像の無断転載厳禁 | Posted at Jul.03 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Ophicleide | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/368229070
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。