2013年07月03日

Serpent EMS

 
  01.jpg

 古樂器のセルパン(「蛇」の意味)。16世紀の終はり頃から、教會音樂の低音パートで補強的に用ゐられてゐたさうだ。

 本來は刳り貫いた木を合はせ、革を巻いて作られた。これは樹脂製だが、ある程度それらしい音がする。試しにやってみたいといふ方やコレクターにもお勸めできる(オブジェとしてもなかなかのもの)。もし購入したい方がゐたら、こちらからご連絡を。ただし、大量には作れないないため、入手はタイミング次第。

 バズィングと指穴を開け閉めすることで音程を變へる。指穴はリコーダーのやうに合理的位置に開けられてゐるのではなく、あくまで届きさうなところに開けてあるので、指や口で調整することになる。まだあまり眞面目に練習してゐないので、とても演奏ができるほどには至ってゐないのだが、學校の音樂教室などで實演するとかなりウケがいい。
 
Copyright(C) 2013 Hidekazu Okayama (PROJECT EUPHONUM http://euphonium.biz/) All rights reserved. 文章・画像の無断転載厳禁 | Posted at Jul.03 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | Serpent | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。