2011年11月01日

Bohland & Fuchs (Amati) 47 - Baßflügelhorn

 
  01.jpg
  使用マウスピース JOSEF KLIER EXCLUSIVE TH9E (Midium Shamk)

 ウィーンの老舗工房「ボーラント・ウント・フックス」が、第二次大戰後、チェコスロヴァキアの「アマティー」に吸収された後に製造したモデル。そのためか、古いアマティーのカタログにも「47」のモデルは載ってゐない。

  02.jpg

 バスフリューゲルホルンは、役割としてはテノールホルンと同じ。ウィーンの吹奏楽曲には、テノールホルンではなく、バスフリューゲルホルンが指定されてゐることがある。テューバ型の他、トランペット型もある。

 ウィーンフィルのカール・ヤイトラー氏が使用してゐるのも、この形状のバスフリューゲルホルン。ウィーンのこだわりのスタイルかも知れない。

 この楽器は、オランダの楽器店のウェブサイトの中古情報に、何年も前から掲載されてゐて、いつか買ひたいと思ってゐたもの。平成23年秋にオランダへ行った際に、お店を訪問し、購入。見かけよりも太い音色で、イギリスのバリトン(サクソルン系)よりも、ずっとユーフォニアムに近い音色。
 
【Tenorhorn in B (GER)の最新記事】
Copyright(C) 2011 Hidekazu Okayama (PROJECT EUPHONUM http://euphonium.biz/) All rights reserved. 文章・画像の無断転載厳禁 | Posted at Nov.01 07:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | Tenorhorn in B (GER) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。