2010年03月23日

RAMPONE & CAZZANI - Flicorno Basso in B♭


  basso.jpg
  使用マウスピース:Denis Wick SM5, SM6

 サクソルンのやうなヴァルヴ式円錐管系金管樂器、フリコルノ。イタリアでは、ピストン式、ロータリー式の兩タイプが製造されてゐる。中低音域のB♭管には、管の太さに應じてなんと三種類もの樂器がある。

 その中で、このバッソは、最も太い樂器。

 O.レスピーギの交響詩「ローマの松」に登場するバンダ(ブッキーナ)の「Flicorno Bassi」に該當する樂器。Bassi は、Basso の複數形。イタリアでは、ピストン式、ロータリー式の兩タイプが製造されてゐる。

 この RAMPONE & CAZZANI のモデルは、マウスパイプのレシーバーシャンクが、トロンボーン用のスモールシャンク仕様になってゐる。ドイツやオーストリアのバリトンに近いが、極端に大きなベルと、大胆で細かい装飾が特徴。

  basso02.jpg

 音色は、ドイツ式のバリトンを少し田舎臭くさせたやうな感じで、所屬する吹奏樂團でイタリアの行進曲を演奏した際に用ゐたところ、樂團の年配の方から「味があっていいねぇ」と絶賛された。
 
Copyright(C) 2010 Hidekazu Okayama (PROJECT EUPHONUM http://euphonium.biz/) All rights reserved. 文章・画像の無断転載厳禁 | Posted at Mar.23 01:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | Flicorno Basso (ITA) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。